• HOME
  • モデルコース:淡路島(南)→ 淡路島(北)方面へ

4淡路島(南)→ 淡路島(北)方面へ

① うずしおドームなないろ館
車で20分
② おのころ島神社
車で10分
③ 淡路島牧場
車で10分
④ 淡路ファームパーク イングランドの丘
車で40分、宿泊
⑤ パルシェ香りの館
車で20分
⑥ 北淡震災記念公園
車で15分
⑦ 県立公園あわじ花さじき
車で20分
⑧ 淡路島国営明石海峡公園

*モデルコースになりますので、滞在時間は含まれておりません。
*車での移動時間は目安です。

① うずしおドーム なないろ館
うずしおドーム なないろ館
古くから南淡路の観光名所「鳴門観潮船」の発着基地として賑わい、近隣には500年の伝統を誇る国指定重要無形民俗文化財 人形浄瑠璃を上演する「淡路人形浄瑠璃館」や足湯「うずのゆ」などがあり、また「道の駅・福良」として登録されてから年間80万人の観光客が訪れる観光拠点となっている。
② おのころ島神社
おのころ神社
古事記に登場する国生み神話の「おのころ島」と伝承される丘の上にイザナギ尊・イザナミ尊の二神を祀る神社。日本三大鳥居のひとつである高さ21.7mの大鳥居が建っており、近年、縁結びの神社として注目をあびている。境内を少し歩くと、神話の息づく神社と、咲き誇る赤や白のサザンカが歴史ロマンの世界へと誘う。
③ 淡路島牧場
淡路島牧場
淡路島牧場は三原地域で盛んな酪農が気軽に体験できる観光牧場です。「乳しぼり体験」では、子牛の乳のませやしぼり方を教わったあと、直接自分の手で搾乳することができます。また、「チーズ・バター作り体験」では、その場で作りたてのチーズなどが試食できます。
④ 淡路ファームパーク イングランドの丘
淡路ファームパーク イングランドの丘
甲子園球場14個分の広大な農業公園。コアラをはじめ、かわいい動物に会えるグリーンヒルエリアでは、熱帯から寒冷地までの珍しい植物を集めた大温室やロックガーデンがおすすめ。英国湖水地方さながらの水辺の風景が美しいイングランドエリアではネモフィラやヒマワリ、コスモスなど数万本の花を見ながらの食事や、ゴーカートなどの遊びも充実。
⑤ パルシェ香りの館
パルシェ香りの館
日本一のお香の生産地、淡路市にある香りのテーマパーク。ハーブ園では、それぞれのテーマ毎に栽培された約100種類のハーブを楽しむことができる大農園では、ラベンダーなど四季のハーブや草花が一面に咲き、摘み取り体験も楽しめる。
⑥ 北淡震災記念公園
北淡震災記念公園
平成7年に発生した阪神・淡路大震災の恐ろしさと教訓を後世に伝える北淡震災記念公園。地表に現れた野島断層を長さ185mにわたり保存。被災した民家の見学や、震度7の地震体験もできる。公園内には、四季折々の花が植えられており、4月には、「さくら公園」や園内にある数種類のサクラが次々と咲き誇る。
⑦ 県立公園あわじ花さじき
県立公園あわじ花さじき
春には菜の花、夏にはクレオメや三尺バーベナ、秋にはサルビアやコスモスの花が咲き、大阪湾まで見渡せる広大な斜面を覆い尽くす。さまざまな草花が植えられた花壇では、季節ごとに異なった花が咲き、訪れる度に新鮮な表情を見せてくれる。また園内には、レストランや農産物の直売所も設置されている。
⑧ 淡路島国営明石海峡公園
淡路島国営明石海峡公園
ジャパンフローラ2000の会場にもなった国営公園。空と海のパノラマが広がる園内は、季節の草花や木々によって景観を多彩に変化させる。特に春のチューリップやムスカリなどの球根大花壇は関西最大級で見応えあり。年間を通して季節毎に多彩で楽しいイベントを開催。芝生広場にある大型複合遊具「夢っこランド」は風・水・花をテーマとした150もの遊具がつながる、子どもたちに大人気のスポット。
ページの先頭へ